Mizuho Football Club Official Homepage Mizuho Football Club Members Site

名古屋市瑞穂区を中心に活動するフットボールクラブ

〒461-0037 名古屋市 東区百人町56 佳成ビル2F
TEL.052-939-1503 FAX.052-732-0166

『子どものころの食習慣が世界で戦える体を作る』 中村俊輔選手

『子どものころの食習慣が世界で戦える体を作る』 中村俊輔選手

top1.jpg

横浜Fマリノスのゲームキャプテンを務める中村俊輔選手。ジュニアユース時代には、栄養面でも教育を受けて、バランスよく食べることを心がけていたそうです。プロサッカー選手となり、海外チームへ移籍したときも、栄養バランスには細心の注意を払っていた中村選手。そんな中村選手がホームでの試合前に、クラブハウスで食べるVのチカラメシとは!?
PROFILE 中村俊輔(なかむら・しゅんすけ)//
横浜Fマリノス所属。ポジションはMF。元日本代表。2000年にJリーグMVPを日本人最年少で受賞。イタリアのレッジーナ、スコットランドのセルティック、スペインのエスパニョールと海外のチームでも活躍。三男一女のパパでもあり、2012年にはベストファーザー賞に選ばれている。
■和食ばかりを食べていた子ども時代。わが子に引き継ぐ食習慣
母が和食好きなので、そればかり食べていました。おかずも肉も魚もバランスよく出ていましたし、飲み物も牛乳やオレンジジュース中心で、今思えばアスリートのような食生活だったと思います(笑)。そんな子どもの頃の食習慣は今でも続いています。子どもは親が用意したものを自然に食べるので、親の食に対する考え方が、その後の子どもの食生活に与える影響は大きいと思います。僕も自分の子どもに何を食べさせるかいつも意識しています。

■プロになるためには苦手なブロッコリーも食べた

現在の横浜Fマリノスのジュニアユースに入ると、栄養面でも教育されました。プロになるためにはバランスよく食べなければいけないとか。だからブロッコリーも苦手でしたけど、意識して今も食べています。引退したらきっと食べないです(笑)。また、当時は身長を伸ばしたくて、牛乳をたくさん飲んだりしていましたね。三食だけでは足りなくておやつを食べる時は、母が用意してくれた煎餅や芋ばかり食べていました。
colum1_1.jpg colum1_2.jpg
第14回神奈川県少年サッカー選手権中央大会(2枚とも左が中村選手)
■プロになってから改めて実感したバランスの良い食事の大切さ
海外では、日本食を意識して摂るようにしていました。海外の食事が続くと、太ってしまうし栄養も不足してしまうので。やっぱり日本人の胃腸は海外の人とは違う。栄養士さんに聞けば、日本食は栄養バランスのとりやすい食事とのこと。だから、海外には炊飯器と米、日本でしか手に入らないヒジキとかを段ボール箱で持っていき、現地でも梅干しとか日本の食材を買って自炊していました。食事はプレイに影響が出るので、食の知識がなかったら海外では、やっていけなかったかなと思います。
shunsuke3.jpg
中村選手のこだわり Vのチカラメシ
中村選手がホームでの試合前に食べるミートソースパスタ。試合前のエネルギー補給のためにチーム全体で炭水化物を摂ることになっているそう。
PASTA.jpg intervew.jpg
だから勝てる!!Vのヒケツ
管理栄養士MEMO スタミナアップにぴったり!
エネルギー源となる炭水化物が豊富なパスタと、炭水化物を効率よくエネルギーに変えるビタミンB1が豊富な豚挽き肉のミートソースは、試合でバテずに戦うのに役立ちます。
■量を大盛りにするだけじゃない母の工夫
男兄弟がみんなスポーツをしていたので、家に出る食事はかなりボリュームがありました。食事のしかたも、皿に多く盛ったものを皆で突っつき合うスタイル(笑)。でも、今考えると母親がバランスよく食べさせようという工夫がありましたね。たとえば素麺を出すなら素麺を出して終わり、とするのではなく、野菜など別のものを添えてくれました。おみそ汁のなかにも必ず何か具が入っていたり、目玉焼きを出すときには横にアスパラとトマトを添えていたりと、何らかの工夫がされていました。おかげで子どもの頃から野菜も自然に摂る習慣がついていましたね。
DSC9828.JPG
■日本に帰って実感した、日本の食事の便利さ
海外に渡ると、日本ではバランスの良い食事が簡単に摂れるありがたさを実感します。海外にいるときは、食の知識がないとあっという間に栄養が偏って、やりくりが大変でした。日本では、自分の食べ方にあわせた食材やメニューが選べるので、とても快適です。たとえば、現在の横浜F・マリノスの食堂では、肉と魚どちらを食べるかを自分で選べます。試合が始まる3時間前には、前回紹介したパスタをはじめとした炭水化物を多く摂っています。試合中ずっと体を使い続けることになるので、今のベスト体重より1キロ増えるくらいの量を意識しています。パスタ以外には、てっとり早く糖分がとれるので、菓子パンもよく食べています。横浜F・マリノスの食堂はいろいろな菓子パンが選べて楽しいので、リラックスもできますね。
中村選手のもうひとつのVのチカラ・メシ
母がよく作ってくれたもので印象的な料理は「ザクザク煮」です。福島の会津の方の郷土料理で、一言で言えば野菜が入っている薄いお吸い物です。キクラゲやニンジンやコンニャクが入っていて、醤油で煮てあって。子どもは生で野菜を食べられないことが多いと思うのですが、おみそ汁に何でも入れちゃうのが一番いいと思います。栄養があるものを一度にいっぱい摂れておすすめです

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です